logo

header_info
2017.07.21

夏バテ(不調・むくみ・自律神経の乱れ)

こんにちは。梅雨明けし、暑さ厳しい日が多くなりましたね。接骨院の玄関前のひまわりの鉢も見頃を迎え患者様にも楽しんで頂けています

暑い日が続くと、食欲がなくなったり、体がだるくなったり、なかなか疲れがとれないなど、体調を崩しやすくなりますよね(*_*;

これからが夏本番!! 夏バテを予防して、快適にすごしてみませんか??

夏バテの原因

夏バテ3

(1)体内の水分とミネラルが不足⇒身体に必要なミネラルが不足してしまい、脱水症状を起こしやすくなる。

(2)食欲がなくなって栄養不足⇒栄養の吸収が悪くなるため、身体に必要な栄養素が不足して体調不良を引き起こし、胃腸が冷えて胃の働きが低下します。

(3)屋外と室内の温度差によって自律神経が乱れる⇒体温を調節する自律神経が対応できずに乱れてしまい、さまざまな症状が現れます。屋内と屋外の温度差は、5℃以内が望ましいと言われています。

 

 

夏バテ予防

〈毎日の夏バテ予防法〉

盛夏
□日頃から、昼寝をとれる人は、10〜15分程度とるようにしましょう!!
□軽い脱水状態や熱中症初期(熱バテ)の経口補水液などでの対処の徹底しましょう!!
□上記の経験がある人は、1〜2週間は回復に努め無理をしないことが大切です!!
□暑い夜は、エアコンを使い快適な睡眠環境で十分な睡眠時間をとるようにしましょう!!
□冷たい飲み物の過剰摂取を控え、胃腸に負担をかけないように注意しましょう!!

晩夏
□お盆を過ぎたら冷たい飲料や食事を控えましょう!!
□バランスのいい食事で、栄養をとり、水分や電解質を摂るようにしましょう!!
□しっかり睡眠をとることを心がけましょう!!
□のどの渇きを感じる前のこまめな水分補給を心がけましょう!!
□入浴前か後にコップ1杯~2杯の常温水を飲むようにしましょう!!
□オフィスや外出先では、温度の変化に備えて上着を1枚用意しておきましょう!!
□自律神経へ負担がかからないように注意しましょう!!

 

〈夏バテを感じた時のセルフケア〉

□十分な睡眠時間を確保し、疲労回復を心がけるようにしましょう!!
□冷房の設定温度を室温が27~28度となるように設定し、暑い時には湿度を下げるようにして、冷やし過ぎにも注意しましょう!!
□適度に運動し汗をかいたらスポーツドリンクなどでこまめな水分、ミネラルなどの補給をしましょう!!
□豚肉やウナギなどのビタミンB群のほか、緑黄色野菜やフルーツなどのビタミンCを含む食材を摂るようにしましょう!!
□夏野菜を十分に摂って、水分、ミネラルおよびビタミンを補給しましょう!!
□1日三食、できるだけ決まった時間に食事を摂り、またよく噛んで消化を促進させましょう!!
□38~40度のぬるめのお湯にゆっくり浸かってリラックス。自律神経の働きを整えましょう!!

 

夏バテした身体を元気にするためには、普段何気なく行っている食事、睡眠、入浴、運動の習慣を見直して、規則正しい生活を送ることが大切ですよ。そのうえで快適に眠れるような環境をつくり、自分のペースに合わせた無理のない運動を行って、夏バテを予防・解消しましょう!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
いくた接骨院
http://www.ikuta-sekkotsuin.com/
住所:栃木県那須塩原市五軒町3-25
TEL:0287-53-7480
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇